新築をきっかけに、DIYをスタート。家族みんな、家が大好きです!

010-1919-16

メニューを開く

豊橋市 K様邸

新築をきっかけに、DIYをスタート。家族みんな、家が大好きです!

新築を建てることになったきっかけは?

元々は社宅に住んでいたんですが、たまたま知り合いの方に土地を安く紹介してもらったんです。じゃあ家づくりを考えてみてもいいかもね、と、少しずつ新築住宅について勉強し始めました。実際に動き始めたのは、長女が入園するタイミング。子供にとっても住み心地の良い家がいいな、と考えていました。

タツミハウジングで家づくりをしようと思った決め手は?

半年ほど色んな会社を見て回りましたが、その中でタツミハウジングさんのモデルハウスに足を運んだときに、僕も妻も「ここがいい!」と思ったんです。無垢の木をふんだんに使ったお家がとても素敵でした。

今そのモデルハウスはもう開放していないそうなんですが、太い丸太の梁や、掘りごたつ、吹き抜けなど、すぐに思い出せるくらい温かい雰囲気が印象的でした。まずは伊藤さんに声をかけて、佐宗さんとも家づくりについて相談させてもらいました。

お二人ともとても話しやすかったので、「私たちもこんな家が建てたいです!」とタツミハウジングさんにお願いすることにしました。

家づくりのこだわりは?

木をふんだんに使ったことと、薪ストーブを取り入れたことですね。

テレビ台やキッチンのカウンターに使っている一枚板や腰板は、佐宗さんに製材所まで連れて行っていただき、自ら選ばせてもらいました。吹き抜けで開放感もありながら、家族と木の温もりも感じられるところがお気に入りです。

薪ストーブは冬に大活躍。ほぼ毎日煮込み料理を作っています。家づくり計画当初は贅沢尽くしの家にしようと、薪ストーブのほかにプールや露天風呂もつけたくて、佐宗さんも設計図に入れてくれていたんです(笑)

さすがに妻に止められて断念しましたが、そのお陰で薪友に出会い、本格的なDIYに目覚めました!

佐宗さんに廃材をいただいたり、薪ストーブの持ち主同士の情報交換をしながら薪の仕度を楽しんでいます。今では木を見て、触って、種類や薪に適しているかがわかるほどになりました。薪割りを始め、子供部屋のベッド、ウッドデッキ、ダイニングテーブルをDIYで自作。今は庭の土留めやブロック塀をキレイにしようと思っています。

実際に暮らしてみて、住み心地はどうですか?

6年目になりますが、毎日快適です。

自分たちで手をかけている分思い入れがあるので、家族みんな、リビングが一番好きですね。家族団らんの場でもありますし、子供たちの遊び場でもあります。リビングが好きすぎて、休日も家から出掛けなくても良いくらい(笑)

これからは子供たちも大きくなるので、個室を作らないと。

そのあとは巣立っていくから・・・夫婦二人でどう過ごすか考えるのも、楽しいですね。

失敗しない家づくりの秘訣は、家づくりの先輩はどんどん頼るべし!ということ。タツミハウジングさんは、長年家づくりに携わっている佐宗さんと、子供と一緒に家づくりをされた伊藤さんがいたので、「何したらいい?」「どうしたらいい?」と、たくさん頼らせてもらいました。

佐宗さんは、僕たちの要望を建てる途中でも全て聞いてくれました。友人たちには「そんな優しい対応はしてもらえなかった!」とよく言われます。図面もたくさん描いてもらったり、たくさん相談させてもらったりと、佐宗さんや伊藤さんには僕たちの家づくりについて本当に親身に考えてもらいました。お陰で家族みんながとても楽しく、快適に過ごせています。これからも手をかけていきながら、大切に住み続けたいと思います。

資料請求はコチラ→資料請求はコチラ→

ページの先頭へ戻る

Copyright© 2019 株式会社タツミハウジング . All Rights Reserved. Created by Co., Ltd . アババイ

ページの先頭へ戻る